一般社団法人 人工知能応用センター(AIAPセンター)
Artificial Intelligence Application Center

twitter solution(ツイート集めるくん、気になるくん)

 SNS(ソーシャルネットワークサービス)のユーザー数は、国内におけるSNSの利用者数は7216万人となり、全世界では24億6000万人を突破しています。

人々のコミニケーションツールとして欠かせなくなっているソーシャルメディアですが、特にLINE,Facebook, Twitter, Instagramの四大SNSは大きな割合を占めています。

 各SNSは、利用層に違いがあり、例えば、ビジネス関係、企業関係、地域性が重要な場合はfacebookが最適です。全国レベルで広告するならtwitter、instagram、youtubeが効果があります。女性向け、綺麗重視ならば20代から50代の女性が利用しているinstagramが効果があります。

SNS利用状況

 Twitterは拡散性が抜群に高く、リツイートよってキャンペーン情報が広く拡散するので、新規フォロワー獲得に繋がりやすいです。

Facebookの場合、拡散性は中程度、基本的にはすでにFacebookページにいいね!をしてくれている既存のファンとの関係を強化するようなキャンペーンが多く見られます。

キャンペーンの目的

SNSの拡散性

別の調査で、SNSのキャンペーン目的別の拡散性に関する資料では、キャンペーンに適したプラットフォームを選択するためには、キャンペーンの目的とターゲット層を明確にすることが必要不可欠です。


 大枠の傾向で言えば、新規獲得が目的であればTwitter既存フォロワーとの関係性強化が目的ならFacebook、Instagramが適しています。

 また、ターゲットの年齢層や性別によって適したSNSが変化します。

( https://gaiax-socialmedialab.jp/post-42021/ )


SNSの拡散性

SNS広告の流れ

 SNS各社では、利用状況の分析ツールが提供されています。提供されていない場合でも、分析ツールを提供する企業が多く存在します。

 SNSの利用者は、自分の投稿がどのように評価されているのか知りたい部分であり、特に、広告目的で利用されている場合は詳細な分析が次のアクションに大切です。

 Facebook, Instagramの利用者にとっては、きめ細かなオーディエンスが可能であり、希望とするターゲット層に届けることが可能です。また、ターゲットが特定できるために誤解が生まれることも少ないです。

 しかし、Twitterの場合は、新規顧客の獲得には有利である一方、匿名性から発信した記事が誤解を生むこともあり、どのようなリツイートがされているか知りたいためエゴサーチを行われていることが多くあります。また、個人利用の場合でも、自分がどのように思われているか知りたいためにエゴサーチが行われています。

 また、マーケティング分析として他社の同じ商品と比べて、どのようにツィートされているかを知りたい場合があります。

当センターが提供します「ツィート集めるくん」、「ツィート気になるくん」がTwitterの詳細分析をサポートします。




当センター開発コンテンツ提供サービス(Business Beans)

business beans

当センター開発のビジネスの豆(Business Beans)を提供します。当センターでは、人工知能技術及び先端的IT技術の利用を促進するために、ビジネスで利用するためのヒントとなるエッセンスをビジネスの豆(Business Beans)として提供します。 ビジネスの豆を皆様のビジネス環境で育てていただき、独自のビジネス構築及び既存ビジネスのイノベーションに活かしていただけるようにご支援を行っています。 

当センター会員には、会員特典として特別価格での提供を行っています。

1.ツイート集めるくん

ツィート集めるくん

AI分析のためのツイート簡易収集ツールです。

Twitterのツイート収集機能を提供します.
 例えば,新商品開発では商品販売後の「評判」の取集は不可欠です.しかし,過去の膨大なビッグデータを集めるとなると膨大な費用を必要とします.
 この「ツイート集めるくん」は,販売後のタイムリーなつぶやきを収集することができ,「今」や「これから」のデータを利用したい方向けのツールです.
キーワードを入れて送信のボタンを押すだけで,ツイートをCSV形式でエクスポートします.

2.ツイート気になるくん

ツィート気になるくん

AI分析のためのツイート簡易比較分析ツールです。
Twitterのツイート比較分析機能を提供します.
 例えば,商品開発等では商品の方向性や他の商品との「比較」調査は不可欠です.しかし,今,この瞬間の評判を手軽に比較するのは難しい状況です.
 この「ツイート気になるくん」は,現時点でのエゴサーチの一環として,商品の方向性や他の商品との「比較」調査を行いたい方向けのツールです.
キーワードを入れて送信のボタンを押すだけで,エビデンスとしてのツイート収集と共にその個数分布を棒グラフの形で可視化します.