一般社団法人 人工知能応用センター(AIAPセンター)
Artificial Intelligence Application Center

1.人工知能(AI)及び最新IT技術導入相談、計画の作成支援

人工知能(AI)利用事例

現時点では人工知能の研究は盛んですが、利用に関しては黎明期です。ネットニュースでは利用事例が多く発表されていますが、まだまだ成功事例は少ない状況です。この時期は費用対効果がつかみにくく、又、ターゲット顧客も掴み切れない時期であり、必要とは思うが事業計画を作成しにくい時期です。だからこそ他社に先駆けて進めることで先行者利益を得ることが出来ます。

当センターに所属する経営コンサルタントがエンジニア、研究者と連携をとり、お客様の計画の作成を支援します。

当センターでは、人工知能(AI)導入ありきではなく、お客様にとって「自社の強み」を伸ばすことを目的として対応させていただきます。進め方は、以下の順番で進めますが、お客様の状況、要望に合わせて変更することも可能です。

1)企業分析(知的資産経営手法により、お客様の強みを分析し、経営戦略レポートを作成)
人工知能(AI)及び最新IT技術導入計画を作成する上で、企業本来の強みを伸ばすようにしなければなりません。そのため、当センター所属の経営コンサルタントが企業の強みを分析し、更なる強みを発揮するために知的資産経営手法を活用して経営戦略レポートの作成を支援します。作成した経営戦略レポートをもとに、ITの強化、AIの導入を支援します。(本分析により、AI導入よりも、その他の最新技術の導入をお勧めすることもあります。)
(2)IT化適正分析
人工知能(AI)を導入するためにはITインフラの再構築が必要となります。データ収集のためにIOTの導入やネットワークの整備が必要となることもあります。また、すでに導入されているシステムの見直しが必要となることも発生します。業務に即して、IT導入の適正化を分析し、不必要なIT設備の見直し、必要なIT設備の検討を行いITインフラの適正化分析を行います。
(3)人工知能(AI)及び最新IT技術導入計画作成支援
経営戦略レポート及びIT化適正分析に基づき必要とするAIツール及びIT技術を調査し、導入計画の作成を支援します。計画の効果分析は難しいものがありますが、当センター所属のエンジニア、研究者と連携し、また、状況により参加し、導入時の効果を検討します。

また、自己資金では計画の実行が難しい場合には、設備導入に対する資金融資申請の支援、政府の経営革新計画の作成支援、各種補助金の申請等の支援を別途行います。




2.人工知能(AI)及び最新IT技術導入支援(マッチング支援)

人工知能応用センター 専門家連携の概要

当センター所属の経営コンサルタントがお客様と話し合い経営課題を明確にします。その経営課題がAI技術を使うことが最適かどうか、当センターが中心となり、AI研究者、開発会社と連携をとり検討を行います。検討の結果、有用と判断した段階で、お客様とプロジェクトを進める上での事業計画、資金計画、人材育成計画、知財管理、販売方法を検討し、可能と判断した段階で正式にプロジェクトを立ち上げることを支援します。当センターは、AI技術を提供することだけでなく,開発を進める上での資金の確保、社内人材の育成、開発したプロダクトの知財確保、販売支援までトータルで支援を行うことを目指しています。




3.人工知能(AI)及び最新ITツール導入支援

(1)H2OオープンソースAI (H2O.ai社)の導入支援

H2Oは、世界をリードするオープンソースのディープ・ラーニングプラットフォームです。 H2Oは世界中の8万人以上のデータ科学者と9,000以上の組織によって使用されています。各種分析モデルを装備し、FFNN(Feedforward neural network)によるディープラーニングをおこなうことが出来きるOSSです。ブラウザで起動することができ、パラメータの設定で実行することができます。企業内の非技術系の社員である営業や人事など、データ分析とは無縁だった分野でも、少し学習することで利用することができます。非技術系社員を再教育するコストを低く抑えることができます。

H20社製 Deiverless AItu-ru

(2)Driverless AI ※商用版 (H2O.ai社)の導入支援

アメリカのH2O.ai社が提供するディープラーニングを行うAIツールです。本ツールは、専門的な知識が無くてもデータを準備するだけで、ディープラーニングを実行することができます。販売データに基づく販売予測や天気予測、株価予測等数値データに基づく予測を自動的に行うことができます。モデルを準備するときに必要なパラメータの設定等の決定の多くを自動化してくれるため、企業内の非技術系の社員である営業や人事など、データ分析とは無縁だった分野でも利用できることをコンセプトに設計されており、非技術系社員を再教育するコストを低く抑えることができます。

Google社製 TensorFlow

(3)TensorFlow (Google社)の導入支援
TensorFlowは、Google社が開発したAI(人工知能)のためのソフトウェアであり、OSSであるため誰でも自由に使うことができます。機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークの各種ライブラリが含まれます。またデータフローグラフを使用したライブラリにより、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。しかし、Pyhton及び機械学習の知識が無いと内容を理解できず、使うことができません。当センターでは、プロダクトの導入とセットで社員教育としてPyhton入門、機械学習入門等をお勧めしています。

Googles社製 Cloud AutoML Vision

(4)Cloud AutoML Vision(Google社)導入支援 ※近日中
1月17日にGoogleはいくつかの重要な発表を行いました。その中で AutoML Visionのα版公開がありました。このサービスはML(機械学習)についてまったく経験のない人々に対して、カスタマイズされた画像認識モデルの構築を可能にするものです。Googleではカスタム機械学習モデルをAutoMLと名付け、画像認識以外の分野に応用を拡大していく計画です。本プロダクトは、現在α版であり、正式版が発表された時点で導入支援を実施する予定にしております。





4.人材育成支援

お客様の状況、要望に合わせて社内研修を計画させていただきます。

(1)非技術系の社員向けの研修 ※推奨

非技術系の社員を対象に、機械学習の入門編及び基礎編、「H2OオープンソースAI」(H2O.ai社)のインストール及び利用方法を実際にパソコンを利用して説明を行います。本ツールにより、数値データをもとにパラメータの設定だけで予測、データ分類等を行うことができます。利用する「H2OオープンソースAI」はOSSであり、低価格で導入することができます。 講義時間:3回(1セッション 2時間)
 → 
詳細
H2O Driverless AI

(2)非技術系の社員向け研修

非技術系の社員を対象に、機械学習の入門編、「Driverless AI」(H2O.ai社)のインストール及び利用方法を実際にパソコンを利用して説明を行います。本ツールにより、数値データをもとに予測、データ分類等を行うことができ、必要なパラメータの設定等をほぼ自動的に行ってくれます。  講義時間:1回(4時間/回)

Google TensorFlow

(3)データサイエンティスト育成研修

TensorFlow(Google社)を利用することを目的として、教材を利用して以下の学習を行い、データサイエンティストとしての基本を学んでいただきます。

社内で、画像認識、音声認識、自然言語処理、異常検知等を開発する場合は、プログラムの作成、データ分析、AIツールのパラメータ設定が必要となり、そのためのスキルを身に着けていただきます。

 (1)Python入門  講義時間:5回(2時間/回)
 (2)Pyhtonによる機械学習入門 講義時間:7回(2時間/回)
 (3)TensorFlowを利用してディープラーニングの学習 講義時間:7回(2時間/回)




5.セミナー・講演会実施事業

セミナー・講演会

当センター主催で所属するメンバーが講師となりセミナー・講演会を実施しています。


また、セミナー・講演会の講師をご希望の場合には、センターより講師をご紹介します。人工知能(AI)紹介セミナーだけでなく、「H2OオープンソースAI」を利用したワークショップ形式のセミナーもご要望に合わせて実施させていただきます。

現在実施中のセミナー


1.AI時代に生きる経営のヒント
当センター所属の経営コンサルタントが、これからのAI時代を生きていくための経営のヒントとなるお話をお送りします。


◇インスタントAI「H2O」導入支援セミナー → 詳細
1.H2OオープンソースAIご紹介セミナー
2.H2OオープンソースAIハンズオン・セミナー
3.H2OオープンソースAI社内導入セミナー

無料で提供されるH2Oを利用していただくために、H2O全般の機能をご紹介するセミナーから、実際にお客様企業内に導入を行うセミナーまで、各段階でご支援します。


これまで実施したセミナー

「支援者向け人工知能セミナー」  グランフロント大阪   2018/01/31
「人工知能(AI)ってどうなん?」  大阪中小企業診断協会  2018/02/01

「人工知能(AI)とその取り組み」 和泉商工会議所     2018/02/23

「あなたにも使える!AIのちから -AI導入事例集-」 ナレッジサロン 2018/03/29

「Tokyo H2O.ai Meetup 第1回目」 WeWork Ginza Six(東京)   2018/12/13

「Osaka H2O.ai Meetup 第1回目」 グランフロント大阪(大阪) 2019/04/25

「Tokyo H2O.ai Meetup 第2回目」 WeWork 神保町(東京)    2019/06/11 

「第6回ナレッジイノベーションアワード受賞記念講演      2019/07/11    




6.研修事業(会員向け)

会員の要望に合わせて各種研修を計画し実施します。AI技術だけでなく、最新のIT技術まで広げてスキルアップをご支援できればと考えています。


2017年度実施

「初心者のための機械学習入門」 2017年 全7回
「pythonを使ってディープラーニングを学習する」 2017年 全5回


2019年度実施

「データサイエンス入門講座」  2019年 全6回